岩井ゆき子 「あふれる想い」 
岩井ゆき子 「あふれる想い」 

Yukiko Iwai Copyright 2002 
©Koubou-Ban&Yukiko Iwai

ライブスケジュール
ディスコグラフィ
プロフィール
写真でライブ
おおさかジャズ物語
ソングブック
歌の英語ABC
美しい風景

「CDあふれる想い」 ゆき子へのメール
---歌・大好き---


歌はリズムで歌う。リズムはとても大切。
歌う人もドラマーのようにリズムを練習しましょう


アメリカ、ボストンにあるバークリー音楽院のオンライン講座を
受講。パソコンで音楽の講座、歌の講座なんて?と思っていましたが
受講生どうしの話し合いの場、フォーラムや、講師と学生との、チャットなど
交流があり、音楽ファイルに録音して毎回課題曲を提出するなど、パソコン上とは
おもえないほど、いいのでおどろきです。3カ月12回講座はシステムもとてもうまく
組まれています。

ブレスサポートの説明
講師によって少しずつ説明が違っています。
私にはオンライン講座のJazz Voiceの講師、Jan Shapiroの説明がわかりやすかったです
もっとしっかりとブレスサポートをするためにと自分でビデオをupしてくれました。
みぞおちの上の部分をさしてここですよ、だれも横隔膜は見ることができないけれど
横隔膜はここですよ、この部分をbeach ball のようにやわらかく膨らませます
息を吸い入れてね。多くの学生がもっと下の部分と思っているけれど、横隔膜呼吸の場所
はここ!みぞおちのかなり上の部分を意識して息を吸い入れ(といっても息は肺にし
はいりませんが、・・・・)力をいれて硬くしないで柔らかくしていると、話すだけ
でも声はひびきます。歌っている間中 柔らかいbeach ball を意識していると
明るく、ソフトな声を出し続けることができます。これが歌を歌う声の基本です

歌を歌うときに大切な ブレスサポート。
横隔膜呼吸といわれています。
お腹で歌うといいますが、胃のみぞおちのあたりです。
おもっているよりも上の方なんです。少し膨らませると、
柔らかいボールのようになります、

@必ず全身のうつる鏡を見ましょう、
正しい姿勢か確かめます。肩が前に来てないか、肩甲骨に力が入っていないか
両肘を真下に直角に落とすと力がすべて抜けます。

AOpen Ribcage
胸をひろげます、肋骨を広げる気持ちです、肩をあげないで
(息が入るところを広げておきます)

BExpanding the middle of the body
ウェストより上、みぞおちより下、の女性が帯を締める部分を少しだけ広げて
膨らませます。

CHolding
胸を広げ、膨らませたセンターの部分のこの形を保ちます

DBreathing
そして静かに息を吸い入れます。花のにおいをかぐようにゆっくりと吸います。

実際に歌う時はこれらの動作を瞬時にします、だから初めは一つずつの動作を
確かめながら確実にできるまで何度もやってみましょう。